へリコイル(Screw Thread Inserts)をタップされた母材へ埋め込むことにより、ねじ山強度を向上させ、繰り返しの使用を可能にします。

ヘリコイルは、1930年代に米国で生まれた‘‘元祖ねじインサート”です。 ステンレス製のコイルを専用工具にてタップされた母材へ埋め込むことにより、ねじ山強度を向上させ、繰り返しの使用を可能にします。 精密機器、航空系の部品など、軽量かつ強度が必要な場面において、プラスチックやアルミの弱点である ‘‘ねじ山の弱さ”を補強します。

HeliCoil Screw Thread Inserts

Tanged スレッドインサート

タング スレッドインサートの外径はねじ穴よりも直径が大きく、ねじ穴にインサートされることによりコイルの直径が減少します。コイルはスプリングのような動作で膨張し、穴に永続的に固定されます。
そこにねじは滑らかに挿入され、緩みが引き締められます。
また、振動または衝撃の下で緩みを防止する目的で、弾力性のある内部ロックねじを提供する(ロック機構付き)。
スクリューロックインサートは、繰り返し組み立てと分解を可能にし、鋳鉄、合金鋼、チタンなどの堅い金属でもねじのグリップを緩めないようにすることができます。
すべてのタング スレッドインサートは、ロック配線、ロックナット、ロックワッシャー、化合物、プラスチックペレット/パッチ、およびその他のロックメカニズムを排除することにより、スペース、重量、およびコストを節約します。

Tangless スレッドインサート

タングレス スレッドインサートは、永続的で耐摩耗性のネジ糸を提供し、タングレスの切断と取り出しの必要がありません。
また、振動または衝撃の下で緩みを防止する「スクリューロック」機構付きがあります。タングレス スレッドインサートは1つまたは複数のインサートコイルによってオス部材にセルフロックトルクを提供します。
タングレス スレッドインサートを使用すると、緩んだタングが残らず、重要なアプリケーションで異物の破片(FOD)が存在しない場合の解決策になります。タングレスの切断やタングレスの回収が不要で、取り付け後に簡単に調整または除去できます。

サファイア・ルビーボール(SAPPHIRE & RUBY BALLS)

サファイアボール、ルビーレンズともに最小直径0.20mmからラインナップしています。

これらは一般的にファイバーオプティクスのコネクタ、フローメータ、ロータメータ、バーコードリーダー、摩擦関連などのアプリケーションに利用されています。